読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オブジェクト指向の原則集

近況:米国に1週間予定の出張にいったら5週間に伸びてしまいました。

久しぶりに、ブログを更新しようと思います。

今回は、オブジェクト指向の原則集です。

取り上げる原則は以下の通りです。

  • GRASPパターン(9つ、デザインパターンや他の原則より先に取り上げたい原則(s)です。)
  • クラスの原則(5つ、頭文字をとってSOLIDの原則とも言います。)
  • パッケージの原則(6つ。3つがパッケージ内、3つがパッケージ間のものです。)
  • その他の原則、パターン、用語など(DRY、KISS、YAGNI、BCE図、code smellなど)

簡単な説明、個人的な解釈(丸括弧で記述します)と、関連した記事のリンク等も貼っておきます。

続きを読む

FizzBuzz問題と仕様通りの実装

Java

C++、COM、VBAVBScriptC#には触れていたのですが、Javaになかなか触れなかったためしばらく期間があいてしまいました。そろそろ再開しようと思います。Javaの開発TLのはずなんですが。

最近は経験の浅いチームメンバのソースをレビューすることも多いので、ここ数回は簡単な話題や原則等を取り上げていきたいと思います。

FizzBuzz問題とは、即席で作るプログラミング問題で、詳しくはFizz Buzz - Wikipediaを参照ください。
日本でも中途採用する際に2人日くらいのものを作ってもらうと分かり易いと個人的には思っています。面接では素通りしてしまうこともあるので。海外に駐在していたときは、インターンで1週間くらい来た学生が腕を見せて、スカウトされていました。

仕様として、FizzBuzz問題を使って社内プログラミングコンテストを開催してみた - give IT a tryをそのまま使わせてもらい、

  • 引数に数値を渡す。
  • 1から渡された数値までをコンソールに表示するが、
  • 3で割れるとFizz
  • 5で割れるとBuzz、
  • 3と5両方で割れるとFizzBuzzと表示する。
  • 数値と数値の間はスペースを開ける。

というものにします。

だいたい5分くらいでざっと作ると下のようになります。

  • 3と5で割れる場合は、FizzBuzz
  • それ以外で、3で割れる場合は、Fizz
  • それ以外で、5で割れる場合は、Buzz
  • それ以外は数値そのまま

という条件分岐になっていますが、上で書かれた通りの仕様になっています。

public static void main(String[] args)
{
	if( args.length != 1 )
		System.exit(1);
	int end = 0;
	try
	{
		end = Integer.parseInt(args[0]);
	}
	catch( Exception e)
	{
		System.exit(2);
	}
	StringBuffer buf = new StringBuffer();
	for( int i=1 ; i<=end ; i++)
	{
		boolean isFizz = (i%3 == 0) ? true : false;
		boolean isBuzz = (i%5 == 0) ? true : false;
		if( isFizz && isBuzz )
			buf.append( "FizzBuzz");
		else if( isFizz )
			buf.append( "Fizz");
		else if( isBuzz )
			buf.append( "Buzz" );
		else 
			buf.append(i);
		if( i != end )
			buf.append(" ");
	}
	System.out.println(buf.toString());
}
  • 実は(i%15==0), (i%3==0), (i%5==0)を使えばisFizz, isBuzzという変数を書かなくてもよいのですが3*5を計算しているのは分かりにくい+「両方で割れるなら」という意味で上の実装が忠実な実装となると思います。
  • (i%3==0 && i%5==0), (i%3==0), (i%5==0)と書く方法もありですが、演算を2回書くことになるため、やはり一時変数に書くほうが忠実な実装となると思います。


最近レビューしたコードでは機能仕様書に例えば以下(完全再現していない仕様ですが)のように書かれていて

  • 更新日時の値が空の場合で、新規作成の場合は作成日時で更新する、既存データの場合は実行日時で更新する。
  • 更新日時の値が空でない場合で、新規作成の場合は作成日時で更新する。既存データの場合は何もしない。
  • 作成日時が空の場合は、実行日時を代わりとし、作成日時も更新する

それに加えて状態遷移図まで提示されているにもかかわらず、if文は2つネストすればよいのですが、
「新規作成の場合で日付の値が入っていない場合は更新する、そうでない場合(既存の場合)で日付が空なら更新する
 更新する場合は、作成日時が空なら実行日時を取得し、作成日時と更新日時を更新する……」
というような条件分岐の順番もifネストもなぜか3つ入ったコードが書かれていてました。動作は同じになるのですが、仕様通りに実装すればよいロジックが仕様通りになっていなかったので、また実装漏れもあったため結局リライトすることになりました。

  Date createDate = getOrUpdateCreateDate(obj, executeDate);//作成日時の取得と必要なら更新
  Date modifyDate = obj.getModifyDate();
  boolean isNewData = (obj.getId() == null);//新規データはIdがnull
  if( modifiedDate == null )
  {
    if( isNewData )
      obj.setModifiedDate( createDate );
    else
      obj.setModifiedDate( executeDate );
  }
  else
  {
    if( isNewData )
      obj.setModifiedDate( createDate );
    else
      //do nothing

  }

レビュー結果として、メンバーには以下を伝えました。

  • 実装が複雑になる場合(コードが読みづらい場合)は、仕様書が簡潔に書かれていないか、おかしい実装をしている
  • 仕様書が簡潔になっている場合は、その仕様の通りに実装する

コードの匂いには敏感になる必要があると感じました。

私も好きで、きっとみなさんも大好きな Hibernate の SessionFactoryImpl.java というクラスの実装で、仕様通りの実装がされている個所があるので紹介しておきます。流れるようなAPIを使用している例でもあります。
GC: SessionFactoryImpl - org.hibernate.internal.SessionFactoryImpl (.java) - GrepCode Class Source

1200	private CurrentSessionContext More ...buildCurrentSessionContext() {
1201		String impl = properties.getProperty( Environment.CURRENT_SESSION_CONTEXT_CLASS );
1202		// for backward-compatibility
1203		if ( impl == null ) {
1204			if ( canAccessTransactionManager() ) {
1205				impl = "jta";
1206			}
1207			else {
1208				return null;
1209			}
1210		}
1211
1212		if ( "jta".equals( impl ) ) {
1213//			if ( ! transactionFactory().compatibleWithJtaSynchronization() ) {
1214//				LOG.autoFlushWillNotWork();
1215//			}
1216			return new JTASessionContext( this );
1217		}
1218		else if ( "thread".equals( impl ) ) {
1219			return new ThreadLocalSessionContext( this );
1220		}
1221		else if ( "managed".equals( impl ) ) {
1222			return new ManagedSessionContext( this );
1223		}
1224		else {
1225			try {
1226				Class implClass = serviceRegistry.getService( ClassLoaderService.class ).classForName( impl );
1227				return ( CurrentSessionContext ) implClass
1228						.getConstructor( new Class[] { SessionFactoryImplementor.class } )
1229						.newInstance( this );
1230			}
1231			catch( Throwable t ) {
1232				LOG.unableToConstructCurrentSessionContext( impl, t );
1233				return null;
1234			}
1235		}
1236	}
  • プロパティの値が、jta, thread, managedまたは自作クラス名ならそれぞれのインスタンスを作成する
  • JTASessionContextや、ThreadLocalSessionContext、ManagedSessionContextがどんなクラスかわからなくても、仕様は分かります。
  • 戻り値の型だけで、上の3つのクラスがCurrentSessionContextを継承していることもわかります。

という「仕様のままの実装」で、美しいと思います。

Eclipse+JSF+JPAで作るアプリ(20)―Primefaces ドラッグ&ドロップ

Java JSF Primefaces

今回は、カート画面でのドラッグ&ドロップです。
借りたい映画のエリアと、カートに戻す映画のエリア2つの領域をドラッグ&ドロップで移動させます。

先に画面を見せます。
f:id:tshix:20150806002123p:plain
f:id:tshix:20150806002132p:plain

  • ドラッグすると、ドロップできるエリアがハイライトされ、このテーマでは薄い青色になります。

f:id:tshix:20150806002406p:plain

  • ドラッグもドロップもしていないと、ハイライトは戻り、薄い灰色になります。

画像は英語版Wikipediaのポスター画像から借用しています。

それでは実際のソースを見ていきます。

続きを読む

Eclipse+JSF+JPAで作るアプリ(19)―JSF Flashを使った画面遷移

Java JSF

今回は、画面遷移する際にパラメータを渡す方法です。

いざStrutsからJSF 2へ! 移行における最大のポイントは?──最新Java EE開発“虎の穴” 第2回 岩崎浩文氏 - page2 - builder by ZDNet Japanにあるように、Flashというオブジェクトを使います。
解説にある通り、Flashとは画面遷移の1度きりだけ有効になるマップです。

今回やりたいことは、

  • 映画の検索画面でチェックした映画をカートに入れて、
  • カートの表示画面に遷移した際にその画面にチェックされた映画を表示する。

というものです。Flashでは、カートに入ったデータを画面間で受け渡しします。
(次回のドラッグ&ドロップを実装するために、カート画面は無理やり作っています。)

Session以上のスコープを使ってBean間でのデータをやり取りする、FlowScopeをJavaまたはxmlで定義する、@ManagedPropertyを使う、など他の方法もありますが、スコープが短くてよい単純な画面遷移であればFlashで十分だと考えます。

それでは実際のコードを見ていきます。

続きを読む

Eclipse+JSF+JPAで作るアプリ(18)―JPA Criteria API

Java JPA

今回は、JPAのCriteria APIです。

やりたいことは、前回作った検索画面で、タイトル、カテゴリ、あらすじの3つのフィールドでnullまたは空白だったら無視をして、ANDの検索条件を動的に作ることです。
JPQLのパラメータでは、固定のパラメータとなるため、APIを使って条件に応じたクエリを実装する必要があるはずです。(JPQLの文字列を動的に作成するという方法も、もちろんあります。)

実際の業務アプリケーションでは、

  • 検索条件のオペレーターを「含む」、「=」、「始まりが一致する」「終わりが一致する」など指定できる
  • 空白で区切られた複数のキーワードをORで結合して検索できる
  • 動的に検索するフィールドを追加できる

などの機能が必要になるかもしれませんが、今回の実装では、紹介のみで、そこまでは含みません。

続きを読む

Eclipse+JSF+JPAで作るアプリ(17)―Primefaces Autocompleteを使う。

Java JSF Primefaces

今回は、映画の検索画面を作成します。
技術的な内容は、以下の通りです。

  • Primefacesのp:autocompleteの使い方。
  • JPAのdistinct句
  • Java SDK8.0のLambda式

これらを組み合わせて使っているので、実装自体はすっきりとします。

実装すると次のような画面が表示されます。
f:id:tshix:20150803042540p:plain

なお、MovieクラスのCRUD操作は、前回までのUserクラスのCRUD操作と同様なので割愛しています。

続きを読む

Eclipse+JSF+JPAで作るアプリ(16)―Primefaces データテーブルの設定 後半(3) グリッド編集(cellEditor,rowEditor)

Java JSF Primefaces

Primefacesのデータテーブルのいろいろ、ひとまずの最後はグリッド編集(セル編集)です。
こちらも、基本的に簡単です。
PrimefacesのShowcaseを見ての通り、2通りの編集方法があります。
http://www.primefaces.org/showcase/ui/data/datatable/edit.xhtml

  • 鉛筆アイコンをクリックして行を変更、チェックアイコンかクローズアイコンで保存かキャンセルを選べるモード
  • クリックしてセルまたは行を編集するモード。

ユーザー編集は、前者で行うこととします。
実装すると、次の画面のようになります。
f:id:tshix:20150801122638p:plain

このセッションでは、エンターキーへの対応がShowcaseにない注目すべき点です。

続きを読む